First Star Journal

企業PR プロモーション マネー 投資 金利 ツアー お得な情報

社内の無駄な力学を無くせば仕事の効率化は2倍となる

社内では無駄な力学が渦巻いています

女子社員同士の争いやいじめもその一つです

女子社員を見ていると縄張り争いばかりやっていることに気づきます。しかも、人目につかないところで執拗ないじめもあります。いつもグループを作って特定の人を無視したり仲間外れにすることによっていじめていくパターンが多いと思います。

✔ とにかく無視する

✔ グループでわざと楽しく会話することで孤独に追い込む

✔ 電話をつなぐ場面でガシャと不親切に対応する

✔ コピー機に残された原稿をクシャクシャにされる

✔ 女子トイレでドアをバタッ!と乱暴に開閉される

つまり小学生や中学生レベルのようなことをいつまでもやっているのです(小中学生の皆さんごめんなさい)。これって男の世界では多分ないのですよ。女子だけの世界だけなんです。だから女子だけの世界って怖いなって思われてしまうのです。

_勿論このような女子だけではないのは分かっています_

そういえばドラマでも「ママ友」同士のいじめのドラマがありましたね。そこでのいじめ基本パターンは以下の通りでした。

1.無視 みんなで話をしていても自分の話には相槌もなくスルーされているなら無視されている可能性が高いというもの。

2.誘われない グループのランチや遊びに誘われないというもの。園などではお誕生会に誘われないことから子どもも寂しい思いをすることもある。

3.解散 みんなが集まっているのに自分が行くと解散してしまうというのは典型的なママ友のいじめというもの。

_もう一度言いますが、このようないじめは男同士ではないのです_

➡どうしてこのようないじめが起こるのか

女子というのは思考の構造が『守る』という概念が強い。『自分の居場所を守る』という思考が強いのです。つまり自分の居場所を守る為には人を弾く(人の侵入を防ぐ)しかないのです。一言で言えば縄張り争いです。

これに対して男性は自分の居場所は自分で作るという概念が強いのです。仕事では成果を挙げれば自分の居場所ができるので社内の人が云々かんぬんなんてあまり意味がないことになります。

➡女子同士のいじめは放置していいのか

これは社内の男子にとっては切実な問題となります。結論から言うとあまり関わらない方がいいということになります。女子同士のいじめは女子同士の問題なのです。どちらかに加担すると片方の女子からターゲットにされる危険があるからです。但し違法性のあるものは別ですが・・。それ以外が放置しておくのが賢明です。

今の時代はパワハラやセクハラが幅を利かせていますよね。会社のほとんどは男の言い分はほとんど聞いてくれないが実情です。どちらかに加担することで片方からターゲットにされてパワハラやセクハラなどと難癖を言われたら厄介なのです。